【続ける秘訣】忙しいママへご提案

「子どもが続けられると良いんだけど、、、」

ピアノを習い始める頃、パパやママにこの悩みは必ずと言っていいほど出てきます。

「続ける」と言う事は、【好きなこと】も【ちょっと嫌なこと】も、乗り越えていかないといけないことになります。

大人でも「続ける」って難しいですよね!?
でも楽しいことは続けられます!

では「続ける」ためには「楽しくする工夫」がいるってことですよね!

ピアノの練習も、学校の勉強も、実は「環境次第」です(^^)

私たち大人はその「環境づくり」と「時間作り」の努力が必要なんです!


今日は【忙しいママ】に向けてのご提案です(^^)

子どもが楽しいと思えるのは、『家族との和やかな時間』が重要になってきます。

でも仕事していたり、兄弟がいると、ピアノに付きっきりの時間を取るのって本当に難しいんですよね。。。

そんな時は!!

車での移動時間を利用してみてはどうでしょう(^^)

保育園への送り迎えや習い事への送り迎えの合間に、ワークをやってしまいます!

ポイントは隣に乗せること!
そして、可能ならば、電子キーボードを持ち込んじゃう!
61鍵盤ならそんなに重くなく、手軽に出来ます。安全なのは後部座席ですね!(安全第一で)
本来は断然!アコースティックピアノでの練習をオススメします!!

でも指番号を覚えたり、鍵盤の場所を覚えたり、譜読みなどに使うのであれば、1週間全く弾かないよりもいいと思います。

弾いてるか弾いてないかで、子どもがレッスンに行った時の気持ちも変わります☆

今回キーボードを色々と弾き比べもしましたが、タッチもそれぞれに違いますし、鍵盤1つの幅などもちゃんと確認が必要です。

ただ61鍵はそのうち1曲丸々弾くには足らなくなりますし、その子ならではの感情を豊かに表現することはアコースティックピアノでしかできないので、アコースティックピアノの2台目として譜読みなどの練習用で長く使っていくこと前提で思っていた方が良いと思います(^^)

電子キーボードは他の楽器の音が出たり、アプリと連動していたり、リズム演奏が付いていてアコースティックピアノで演奏する時にも合わせたら楽しいし、手軽に持ち運べて結構使えます♪

ピアノにより近いもので、そんなに金額の張らないものもありますので、気になる方はご相談ください!


これはあくまでも1つのご提案です!
ご参考までに(^^)

あい音 ~音楽であいを届けます~

【あい音 -AiNe-】 人は、たくさんの"あい"を感じています。 「愛、逢、会、合、哀、相、藍、挨、遭、間、、、」 そして、日本語の初めの言葉でもあります。 あい音は、ピアノや音楽を通じて子どもたちに夢を、そしてママにあいを届けます♪